更新情報

貨物自動車運送事業法の一部改正について
 平成30年12月8日に、参議院本会議において、貨物自動車運送事業法の一部を改正する法律案が可決し、成立しました。 今後は、本改正を受け、政省令及び関係通達等各種の改正が行われた後、公布の日から起算して1年6カ月を超えない範囲内、標準的な運賃の告示制度については公布の日から2年を超えない範囲内において施行されることになります。
添付ファイル : 貨物自動車運送事業法の一部改正について
2018/12/18