更新情報

営業所等における感染対策における更なる徹底について

                                            2021317

国土交通省自動車局安全政策課長から、(公社)全日本トラック協会を通じて掲題の件につきまして、要請がありましたので連絡致します。

 新型コロナウイルスの感染防止対策については、これまでも、運転者に対する咳エチケットや手洗いの励行、マスクの着用、始業点呼時における検温などによる体調確認の徹底、車内換気の実施等徹底していただいているところですが、今般、乗合バス事業者の営業所において集団感染が発生しました。

 当該事業者は、バス車内や営業所の事務スペ-スにおける感染対策は図られていたものの、職員が使用する休憩室、仮眠室及び食堂等における感染の疑いが指摘されています。

 つきましては、感染拡大の防止のため営業所等における対策について、次のとおり取り組んでいただきますよう関係者に周知をお願い致します。

1.休憩室、仮眠室、食堂及び喫煙室においては同時に利用する人数に制限を設けるなど,密集、密接が発生することを防ぐこと。

2.休憩室、仮眠室及び食堂においては換気についてできる限り複数箇所の窓を同時に開放し、それが困難な場合は開放部分の外に向かって扇風機を回す等、外気の循環を確保すること。また,冬期など窓の常時開放が困難な場合も、時間を決めた窓の開放や換気扇などを常時稼働させるなど、適切な換気を行うこと。

3.休憩室、仮眠室においても常時マスクを着用すること。

4.寝具などについては使用する際に除菌を徹底するとともに、リネンの交換に努めること。

2021/03/17