更新情報

大型車の適切な冬用タイヤ交換作業について

さて、令和4112日、群馬県内の国道において、走行中の自家用大型トラックの左後輪タイヤ(冬用タイヤ)2本が脱落し、内1本が歩行者に衝突した重傷事故を受け、今般、別添のとおり、国土交通省自動車局整備課より「大型車の適切な冬用タイヤ交換作業の実施について(協力依頼)」(令和4113日付事務連絡)が発出されました。

また、令和3126日には、広島県内の高速道路において、冬用タイヤへの交換作業から6日後に、事業用大型トラックの左後輪タイヤ2本が脱落し、脱落したタイヤが対向車などに衝突する事故が発生し、同整備課より「大型車の冬用タイヤ交換後の増し締めの徹底について」(令和31217日付事務連絡)が発出されています。

上記の車輪脱落事故に関しては、日頃の日常点検の励行、特に、運行前の大型車のディスクホイールの取り付け状態の確認を確実に行うことなどにより、車輪脱落事故の未然防止措置を講じることが極めて重要です。

つきましては、別添の国土交通省のリーフレット及びタイヤ交換作業管理表を活用し、大型車の適切な冬用タイヤ交換作業をお願い致します。

添付ファイル : 大型車の適切な冬用タイヤ交換作業の実施について

2022/01/14